ホーム 田舎不動産 トレーラーハウス お勧めスポット サイトマップ お知らせ メール

美術館・博物館

千葉北部 (印旛・東総地区)  28件
1、印旛村歴史民俗資料館
印旛村の歴史と文化を後世に伝える為、その調査、保存、研究すると共に歴史、民俗文化への関心と理解を深めることを目的に昭和61年に開館。

村内から寄贈された民俗史料、古文書、発掘調査により出土した考古史料などの展示。特に明治から昭和の農業、漁業、養蚕などのさまざまな民具を展示しています。

〒270-1616 印旛郡印旛村岩戸1742
TEL:0476-99-0002 FAX:0476-99-2223
・休館:月曜日、祝日
・9:00-17:00
・無料
北総公団線印旛日本医大駅よりバス
京成電鉄うすい駅よりバス
2、川村記念美術館
大日本インキ化学工業株式会社が1990年に設立した私立美術館。1000点を超える収蔵品から代表作を選りすぐった常設展示と特別展、企画展を開催しています。

「近代ヨーロッパ」モネ、ルノワール、ピカソ、マティス等の人気作家や「アヴァンギャルド」カンディンスキー、マーレビッチ等の絵画など展示。
毎日午後2時からガイドスタッフによる作品解説が有ります。

〒285-8505 佐倉市坂戸631
TEL:043-498-2131 FAX:043-498-2139
・休館:月、火曜日
・9:30-17:00
・一般:800円、大高:600円、中小:400円
JR総武本線佐倉駅南口より送迎バス
京成電鉄京成佐倉駅よろ送迎バス
東関東自動車道佐倉インターから10分
3、国立歴史民俗博物館
昭和58年に開館した唯一の国立の歴史博物館です。大学共同利用機関の一つとして我が国の歴史、考古、民俗に関する調査研究を行っている。

日本の歴史、文化の流れから重要なテーマを選び5つに分けて展示。第1は旧石器時代から律令国家が成立した奈良時代まで、第2は王朝文化、大名と一揆など、第3は江戸幕府の基盤などを紹介展示。

〒285-8507 佐倉市城内町117
TEL:043-486-0123 FAX:043-486-4211
・休館:月曜日
・9:30-17:00
・一般:420円、大高:250円、中小:110円
JR総武本線佐倉駅よりバス
京成電鉄京成佐倉駅より徒歩15分
東関東自動車道四街道IC、佐倉ICから15分
4、佐倉市立美術館
佐倉市は江戸時代、佐倉藩11万石の城下町として栄え、多くの文化遺産を有する。大正時代に建てられた旧川崎銀行佐倉支店の保存と活用を考慮して、平成6年に開館。

佐倉、房総ゆかりの作家作品を収集している当館では、これらの作品やその延長上にある日本の近代美術を紹介展示しています。

〒285-0023 佐倉市新町210
TEL:043-485-7851 FAX:043-485-9892
・休館:月曜日
・10:00-18:00
・無料、特別展は有料
JR総武本線佐倉駅より徒歩20分
京成電鉄京成佐倉駅より徒歩8分
東関東自動車道佐倉ICから15分
5、白井市郷土資料館
郷土の歴史、民俗、芸術、産業等に関する資料を収集、展示、保存し、文化の発展に寄与することを目的とし平成6年に開館。プラネタリウムも併設してます。

白井市と縁の深い芸術家の収蔵作品展や郷土の歴史民俗資料の紹介展示を年間数回開催。

〒270-1422 白井市復1148-8
TEL:047-492-1124 FAX:047-492-8030
・休館:月曜日、祝日
・9:00-17:00
・無料
北総開発鉄道白井駅より徒歩10分
国道16号線「白井」交差点より車で2分
6、宗吾霊宝殿・宗吾御一代記館
江戸時代の下総国佐倉藩の農民を重税(高い年貢)から、救った佐倉宗吾(本名:木内惣五郎)の霊を祀った寺院。

霊宝殿は宗吾の遺品や関係資料を収集して、昭和10年に開館。昭和42年に開館した宗吾一代記館は等身大の人形を使って宗吾生涯を立体パノラマ式で展示しています。

〒286-0004 成田市宗吾1-558
TEL:0476-27-3131 FAX:0476-27-3135
・休館:宗吾御一代記館、月曜日休館
・8:30-16:00
・大人:700円、子供:400円
京成電鉄宗吾参道駅より徒歩10分
JR・京成電鉄成田駅よりバス
東関東自動車道佐倉IC、富里ICから10分
7、千葉県立房総のむら
江戸時代後期から明治初期の房総地方に伝わる商家、武家屋敷、農家などを当時の環境と共に再現し、伝統的な技術や生活様式を体験して学ぶ事が出来る体験博物館。

19ヘクタールの敷地には商家、武家屋敷、農家等24棟の伝統的な建物を再現し、町並みとして再現した。

〒270-1506 印旛郡栄町竜角寺1028
TEL:0476-95-3333 FAX:0476-95-3330
・休館:月曜日
・9:00-16:30
・無料
JR成田線安食駅よりバス
東関東自動車道成田ICから約10km
8、千葉県立房総風土記の丘
32ヘクタールの広大な敷地に残る自然と竜角寺古墳群を取り込んで、その保存、活用をはかると共に歴史公園的性格を持つ考古専門館として設置された。

「房総の古墳と古代の寺」をテーマに県内各地の古墳からの出土した遺物や、竜角寺を初め古代寺院からの出土品を展示。園内には78基の古墳があり、埴輪など立ち並ぶ姿を復元し展示している。

〒270-1506 印旛郡栄町竜角寺978
TEL:0476-95-3126 FAX:0476-95-3140
・休館:月曜日
・9:00-16:30
・無料
JR成田線安食駅よりバス
JR成田線下総松崎駅より徒歩25分
東関東自動車道成田ICから15分
9、塚本美術館
佐倉市出身の実業家塚本素山の日本刀コレクションを基に設立。昭和40年に東京銀座で「日本刀美術館」としてスタート、その後千葉市に移設し「塚本美術館」と名称変更し、昭和58年に佐倉市に移設しました。

日本刀は世界に誇る鉄の美術品で千年の歴史を持ち、文化財として後世に伝えることを目的としています。

〒285-0024 佐倉市裏新町1-4
TEL:043-486-7097 FAX:043-222-7021
・休館:土・日・月曜日・祝日
・10:00-16:00
・無料
JR総武本線佐倉駅より徒歩15分
京成電鉄佐倉駅より徒歩10分
東関東自動車道佐倉ICから5分
10、成田山書道美術館
興教大師の850年後遠忌を記念して平成4年に開館。

幕末から現代までの書蹟を収蔵品の中心とする専門美術館です。近代書蹟の収蔵では質量共に群を抜いており、これらを」活かして展示、普及、研究活動を行っています。

〒286-0023 成田市成田640
TEL:0476-24-0774 FAX:0476-23-2218
・休館:月曜日
・9:30-16:00
・大人:500円、高大:300円、中学以下無料
JR成田線・京成電鉄成田駅より、徒歩25分
東関東自動車道成田ICから8分
11、成田山霊光館
成田山の宗教的使命感達成と地方文化の向上を目的に、昭和22年に開館。

成田山の歴史資料と下総地方の考古、民俗、古文書などの郷土資料を収集、保管、展示。平和の大塔1階にある霊光殿では大絵馬、書画などの美術品を展示しています。

〒286-0021 成田市土屋238
TEL:0476-22-0234 FAX:0476-22-0242
・休館:月曜日
・9:00-16:00
・大人:300円、中高:150円、小学生以下無料
JR成田線・京成電鉄成田駅より、徒歩20分
東関東自動車道成田ICから10分
12、成田市三里塚御料牧場記念館
桜と馬の牧場として旧宮内庁下総御料牧場が新東京国際空港の建設に伴い、栃木県塩谷郡高根沢町に移転。

我が国の畜産振興のパイオニアとして輝かしい足跡を偲び、御料牧場事務所の在った場所に開館しました。

〒286-0116 成田市三里塚御料1-34
TEL:0476-35-0442 FAX:0476-35-0442
・休館:月曜日
・9:00-16:00
・無料
JR成田線・京成電鉄成田駅より、バス
東関東自動車道成田ICから15分
13、藤崎牧士資料館
江戸期に牧士で有った藤崎家の第8代当主が私財を投じて1983年に設立。

当時使用し、保存していた歴史的、文化的価値の高い牧士資料をはじめ、有形文化財として指定された資料などを数多く収蔵、展示しています。

〒286-0203 冨里市久能583
TEL:0476-92-1258
・休館:月、木、金曜日
・9:00-15:00
・無料
JR成田線・京成電鉄成田駅より、バス
東関東自動車道富里ICから約4km
14、メタル・アート・ミュージアム・光の谷
北総出身である伝統を重んじた香取秀真、革新と唱えた津田信夫、対照的な作家活動をした二人の鋳金作家の作品と、二人に影響を受けた金属工芸作家の作品を主に展示。

現代の金属を用いた意欲ある作家の紹介を意図し、屋内展示と野外展示の場所を提供しています。

〒270-1603 印旛郡印旛村吉高2465
TEL:0476-98-3151 FAX:0476-98-3156
・休館:月曜日、祝日の翌日
・10:00-18:00
・大人:500円、中学生以下:300円
北総開発鉄道印旛日医大駅よりバス
JR成田線小林駅、京成佐倉よりバス
東関東自動車道佐倉ICから
15、犬吠崎マリンパーク
犬吠崎灯台に隣接して、平成5年に新装開館。世界の珍しい生き物を展示。

アマゾンに生息する世界最大の淡水魚ピラクルや水深100〜200mの海底に住んでいる世界最大の蟹、タカハシガニなど、さまざまな魚達を紹介しています。
イルカショーも人気です。

〒288-0012 銚子市犬吠崎9575-1
TEL:0479-24-0451 FAX:0479-24-0449
・休館:年中無休
・9:00-17:00
・大人:1200円、小学生:600円、幼児:350円
JR銚子駅よりバス
銚子電鉄犬吠駅よりバス徒歩5分
佐原香取潮来IC、東金ICから1時間
16、伊能忠敬記念館
忠敬に関する資料は、代々の子孫が大切に保存してきたが、伊能忠敬旧宅が国の史跡に指定されたのを基に、佐原市が寄贈を受けて一般に公開すること目的に開館しました。

伊能家や当時の佐原の様子と、忠敬の活動と勉強の内容についての紹介や、自筆の測量日誌、地図、器具等961点などを紹介展示しています。

〒287-0003 佐原市佐原イ1722-1
TEL:0478-54-1118 FAX:0478-54-3649
・休館:月曜日、祝日の翌日
・9:00-16:30
・大人:500円、中学生:250円
JR成田線佐原駅より徒歩10分
東京駅発JR高速バス八坂神社下車徒歩5分
東関東自動車道佐原香取ICから5分
17、大原幽学記念館
地域文化の発展を図るために幽学関係の資料、郷土の歴史、民俗に関する資料を公開するために平成8年に開館。

郷土展示室では干潟町を中心とした古代から現代までの歩みと、江戸時代の大規模新田開発としての椿海干拓などの歴史を紹介。幽学展示室では国指定重要文化財などを随時展示紹介。

〒289-0502 香取郡干潟町長部345-2
TEL:0479-68-4933 FAX:0479-68-4933
・休館:月曜日、祝日の翌日
・9:00-16:30
・大人:300円、中学生:200円
JR総武本線旭駅よりバス
JR成田線小見川駅よりバス
東京駅発JR高速バス干潟下車徒歩20分
東関東自動車道大栄IC-東総有料道路
18、香取神宮宝物館
香取神宮の御鎮座は神武天皇の御代18年と伝えられ、長い歴史と共に所蔵される宝物は極めて多数に上り、国宝、重文、県指定等の文化財は200点余りに成ります。
これらを保管、展示し参拝者等に公開しています。

〒287-0017 佐原市香取1697香取神宮社務所
TEL:0478-57-3211 FAX:0478-57-3214
・休館:無休
・9:00-16:00
・大人:300円、小人:100円
JR成田線佐原駅よりバス
東関東自動車道佐原香取ICよりすぐ
19、航空科学博物館
航空に関する科学知識についての啓蒙を目的に新東京国際空港(成田空港)近くに平成元年に開館。

展示物として実物大模型の複葉機や小型機、ヘリコプターのコクピット等を再現。屋外にはYS-11を始め、セスナ機やヘリコプター等を展示。

〒289-1608 山武郡芝山町岩山111-3
TEL:0479-78-0557 FAX:0479-78-0560
・休館:月曜日(祝日はその翌日)
・10:00-17:00
・大人:500円、中高生:300円、子供:200円
JR・京成成田空港駅より、バス15分
20、芝山町立芝山古墳・はにわ博物館
芝山町は、かつて武射(むさ)の国の中心地の一つとして、500基を越す古墳が作られていました。「房総の古墳と埴輪」について研究し、展示しています。

千葉県内から出土した埴輪や土器などの考古遺物のほか復元された住居などを展示し、古墳時代の文化や生活が窺い知れます。

〒289-1619 山武郡芝山町芝山438-1
TEL:0479-77-1828 FAX:0479-77-2969
・休館:月曜日、祝日祭日の翌日
・9:00-16:30
・大人:200円、小人:100円
JR総武本線松尾駅、成田駅より、バス20分
千葉東金有料道路松尾インターから10分
東関東自動車道成田インターから25分
21、下総町立歴史民俗資料館
平成7年、町政施行40周年を記念して「フレンドリーパーク下総」内に開館。下総町の歴史と民俗をテーマに展示し、年7、8回の企画展を開催しています。

下総町の指定文化財として、猫作・栗山古墳群第16号墳副葬品、龍正院鋳造鰐口、大和田玉作遺跡資料など。歴史と民俗として、ナウマン象頭骨化石のレプリカ、町内で発掘された土器石器など。

〒289-0108 香取郡下総町高岡1500
TEL:0476-96-0080 FAX:0476-96-0080
・休館:月曜日、祝日祭日の翌日
・9:00-16:30
・無料
JR成田線滑川駅より徒歩15分
東関東自動車道成田インターから30分
22、多古美術サロン
自宅の一部である小さな美術館として特色を発揮し、作品を身近に観賞して頂くと同時に、作家や作品などを語り合うようなサロン的経営です。館主は元千葉県立美術館長です。

展示する作品は「房総ゆかりの作家」の絵画、書を中心に展示。庭先には国民的歌人と言われる若山牧水の原寸直筆の歌碑が建立されています。

〒289-2241 香取郡多古町多古539-1
TEL:0479-76-2524
・特に休館日は無いが予め電話確認して下さい
・無料
JR成田駅より、「八日市場、多古」行き約50分
23、千葉県立大利根博物館
「利根川の自然と歴史」「千葉県の農業」をテーマに利根川下流域の歴史、民俗、自然などに関する資料を保管展示。

第1展示室では利根川がまだ東京湾に注いでいた中世までの東下総の歴史を概説。第2展示室では利根川が銚子口へ流路を変えた近世以降の農業、漁業、水運、商業、文化などを解説。

〒287-0816 佐原市佐原ハ4500
TEL:0478-56-0101 FAX:0478-56-1456
・休館:月曜日
・9:00-16:30
・無料
JR成田線佐原駅よりバス
東関東自動車道潮来インターから約10km
24、日本画家後藤純男美術館
「関東の駅百選」にも選ばれた銚子電鉄犬吠駅舎内に1999年に開館した、県内初の本格的ステーションギャラリーです。

展示内容は、縦1.8m×横14mに及ぶ圧巻の超大作「雲海黄山雨晴」や、第44回春の院展出品作「揚子江」「西安村落残照」等。他にも再興第78回院展作「庭園の新雪」や、燃えるような紅葉が印象的な「秋の談山神社」等、多数展示。

〒288-0012 銚子市犬吠埼9600-1
TEL:0479-25-5288 FAX:0479-25-5280
・休館:年中無休
・10:00-17:00
・一般:1000円、中高生:800円、小学生:500円
JR総武本線銚子駅から銚子電鉄17分
東関東自動車道佐原香取インターから約70分
25、福富雷童記念江畑美術館
福富雷童画伯は禅門に生まれ、大僧正に登りつめた異色の画家です。大正から昭和に掛けてアメリカ、フランスに留学し、シャガール等と交流しつつ「サロン・ドートンヌ」に連続入選するなどして、パリでは著名な画家となった。

帰国後は画壇の会派に属せず展覧会への出展も拒みつづけ孤高の道を歩んだ。一部に宮家を始めとした理解者の庇護の下で写実と幻想の一元化した重厚な画風を深めていった。昭和52年kから当地にアトリエを建て、90歳で亡くなるまで創作活動を続けた。

〒289-2612 海上郡海上町蛇園2516
TEL:0479-55-2918(開館時のみ)
FAX:0479-55-2110
・休館:月曜日(祝日の場合は開館)
・10:00-15:30
・一般:500円、小中学生:300円
JR総武本線飯岡駅よりタクシー5分
国道126号線飯岡バイパスにて
旭市街より銚子方面へ約5分、案内板有り
26、松山庭園美術館
芸術家此木三紅大のアトリエと住居の一部を開放して1998年に開館。約2000坪の敷地には本館の他、長屋門、茶室、企画展示室、四季折々の自然を満喫できる見晴らし亭などが点在し憩いの空間となっています。

此木三紅大が参考とした国内外名画作品や茶道具コレクション、蒔絵琴コレクション等を展示。

〒289-2152 八日市場市松山630
TEL:0479-79-0091 FAX:0479-73-6716
・休館:月曜日から木曜日
・10:00-17:00
・大人:800円、中小:400円
JR総武本線八日市場駅よりバス
自動車:成田空港から30分、佐倉から50分
27、夢紫美術館
夢紫美術館は、高貴で貴重な色の宝庫といわれる貝紫染色の染織工芸品を収蔵した、国内でも唯一の貝染博物館です。1848年創業の呉服商に隣接する大和合掌造りの土蔵を改装して、六代目当主の渡邊幸彦が1996年に開館した。

貝染とは巻貝が持つパープル腺で染色する技術で、紫外線を吸収しより鮮やかな紫色に発色します。館内には、貝紫染色による「江戸友禅染」の着物、帯、染絵額、正倉院復元織物などを展示している。

〒289-0313 香取郡小見川町小見川581
TEL:0478-83-1089 FAX:0478-83-1092
・休館:水曜日
・10:00-18:00
・無料
JR小見川駅より徒歩7分
高速バス「利根ライナー」東京、小見川、約100分
東関東自動車道佐原香取インターから約15分
28、歴史の里・芝山ミューゼアム
美を通じて「歴史・文化」を伝える事を目的に平成8年宗教法人芝山仁王尊・観音教寺により設立。昭和32年に県内初の登録博物館として創立された考古博物館「芝山はにわ博物館」の活動を受け継ぎ、仏教美術や歴史資料、現代美術も展示。

展示内容は国指定史跡「殿塚・姫塚」出土のはにわ100体余りを始めとする芝山古墳群などの高校資料など。

〒289-1619 山武郡芝山町芝山298
TEL:0479-77-0004 FAX:0479-77-1393
・休館:無休
・10:00-17:00
・大人:600円、小中高:400円
京成東成田駅から乗合タクシーバス芝山行25分
千葉東金道路松尾横芝インターから5分

美術館・博物館のページに戻る